スマホ対応の手袋!なぜ操作できる?おすすめの手袋はどれ?

スポンサードリンク

スマホの手袋!

スマホは、すっかり生活する上での必需品となってますよね。

朝起きてから夜寝るまで片時もスマホを手放せないなんて方も多いのではないでしょうか。

使っていて困るのは寒い季節ですね。

秋から春先までの時期は指もかじかんでうまく操作できないなんてこともありますよね。

でも手袋をしたままでは反応しないということも。

そこでここ数年で増えてきたのがスマホ対応の手袋

寒くても手袋をしたままスマホの操作ができると評判です。

そこで、

なぜ手袋をつけたままスマホを操作できるのか?

また、

スマホ対応の手袋で今おすすめの人気商品はどれ?

についてまとめてみました。

スマホ対応手袋はなぜ操作できる?

以前は手袋をしたままスマホを操作できませんでした。

もちろん今も普通の手袋では無理ですよね。

スマホ対応の手袋と何が違うのでしょうか?

その答えはスマホのタッチパネルの仕組みとそれに対応した手袋にあります。

スマホのタッチパネルの仕組み

スマホのタッチパネルってすごくないですか?触るだけで反応する!

どうなっているのか調べてみたところ、投影型静電容量方式という仕組みのようです。

投影型静電容量方式とは

静電容量方式は、指で触れたときに発生する微弱な静電容量の変化から、タッチ位置を検出する方式のこと。
X軸方向とY軸方向の電極パターンを形成した2枚の透明電極層を重ね合わせた構造のタッチパネルで、パネル表面に指を触れると、格子状に並ぶ電極間の静電容量が同時変化するので、これを測定することによりタッチ位置を検出します。

引用:http://product.tdk.com/

簡単に言うと、スマホのガラス面と操作している指の間に走る電気をを読み取り、それに反応するため操作できるということのようです。

スマホ対応手袋の仕組み

スマホ対応の手袋が普通の手袋と違ってスマホの操作が可能なのは、導電糸というものが使われていることです。

自分の指が触れたときに発生する微弱な電気を導電糸を通じてスマホのガラス面に伝えることで操作ができるわけです。

最近は、自作で自分の手袋をスマホ対応にしたいという方のために、導電糸だけでも販売されています。



スマホ対応の手袋!おすすめはどれ?

スマホ対応の手袋もいろいろ出ていますね。

カジュアルなものから革製のものまで、値段も手ごろな物から高価な物まで好みに合わせて、幅広く販売されているようです。

メンズとレディス、両方紹介しますね。

スポンサードリンク





















最後に

寒い季節に手袋を脱いでスマホを使うのはちょっと辛いですよね。

スマホを操作するのは室内だけとは限らないからこそ欲しくなるスマホ対応の手袋!

デザインも多く販売されているので、予算に合わせて選びたいですよね。

クリスマスや誕生日のプレゼントというのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ