日傘の効果的な色は?おすすめの遮光日傘はコレ!

スポンサードリンク

日傘の色って何色がいいのでしょうか?

日傘は白がいいとか、黒がいいとか言いますよね。

白は光を反射して、黒は光を吸収する色!

紫外線の対策UVカットなどにはどちらの方がいいのかいつも迷います。

そこで日傘に効果的な色について調べてみました。

白い日傘とと黒い日傘はどちらが効果的?

白い日傘黒い日傘ではどちらの方がいいのでしょうか?

白い日傘

白い日傘は涼しげで夏らしい感じですよね。

日傘 白

でも見た目だけで判断してはいけません。

暑い日差しを遮り、涼しい日陰を求めるだけなら白い日傘でも十分ですが、

紫外線を防ぐなら白よりも黒の方が有効です。

白い日傘を差すと日陰になり涼しそうで、白は紫外線を反射するため一見効果的のようですが、実は紫外線の透過率は黒に比べて高いようです。

また、紫外線は空からだけでなく地面からも反射します。そうなると跳ね返った紫外線は白い日傘の内側に反射して肌まで届きます。

黒い日傘

黒い日傘は紫外線の透過率が白よりも低く紫外線を吸収しますので、内側も黒い日傘なら地面から跳ね返った紫外線もほとんど反射しないようです。

そのような理由で日傘は白よりも黒の方がおすすめです。

でもこの季節、黒はちょっと暑そうですよね。

日傘 黒

日傘を選ぶ時におすすめの遮光100%

日傘の効果的な色についてはわかりましたが、実はまだ続きがあります。

実は日傘も進化しているのです。

何が進化したかというと日傘の生地なんです。

UVカット加工99%遮光など様々な生地を使った日傘が販売されています。

最近、紫外線対策で人気なのは100%遮光の日傘です。

100%遮光の日傘の特徴(※メーカーによって多少違いがあります)

太陽光線(紫外線、赤外線、可視光線)を100%カット

紫外線吸収剤を使用したUVカット加工日傘に比べて、汚れて摩耗しても生地が破れない限り遮光効果がある。




どんな日傘なのか気になりますよね。

例えばこのような日傘です!




色も3種類(ダンガリーグレー、ダンガリーベージュ、ダンガリーピーチ)から選べます。

黒じゃない!?

そうなんです!

スポンサードリンク

ここまで紫外線対策には日傘の色は黒が最適と書いてきましたが、生地が進化したことで黒ではなくても100%遮光であれば紫外線対策には有効なんです。

この日傘は傘の裏がブラックラミネートで地面や壁面からの照り返しも吸収するようです。

最近の日傘は優れてますね。

他にもありますよ。




これはカケンの品質検査で100%遮光が実証された生地を使っているようです。

100%遮光のおすすめの日傘

100%遮光の日傘はまだまだあります。デザインもいろいろ折りたたみの日傘もありますね。これなら好みの日傘が見つかりそうです。











最後に

日傘は100%遮光のものがおすすめです。

しかし、体全体を紫外線から守るには日傘だけでは不十分なので、合わせて日焼け止めクリームを塗ったり服装にも気をつけたいですね。

まだまだ紹介しきれなかった日傘もいろいろありますので、自分の好みにあったものを探してみて下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ