夏フェスの服装と持ち物!かわいい女子のファッションは?

スポンサードリンク

夏フェス!

今年も暑い夏、夏フェスのシーズンがやってきました。

フェスに行かないと夏が終わらない!

毎年友人と盛り上がっていますが、誘われて初めてフェスに行くときに気になるのは服装のこと。

何着ていこう?

持ち物は何が必要?

初参戦ともなれば気になって当然ですよね。

友人に聞いても何でも大丈夫だよ。いつもの服で行くよ。

そんな感じで参考になるのかならないのか、わからない状況。

そこで、夏フェスの服装や持ち物について調べてみました。

女子が夏フェスに着ていくファッションはどんな感じがベストなんでしょうか?

夏フェスを楽しむ女子の服装は?

夏フェスを楽しむには、実は服装が重要だったりします。
炎天下で熱気ムンムンのフェス会場では、おしゃれに気をつかうよりもむしろ機能的な方が楽しめます。

基本的なことだけでも押さえておきたいですよね。

帽子

帽子は普段はかぶらないという場合でも、野外フェスならあった方がいいです。日焼け対策や熱中症対策には十分気をつけて楽しみたいですね。
UVカットの帽子をかぶって紫外線対策もしておきましょう。






Tシャツ

Tシャツが一番!汚れても大丈夫な手頃なものがいいでしょう。フェスTシャツや好きなアーティストのTシャツなどを着ると気持ちも盛り上がります。また汗もかくので、帰りの着替えもあるとベストです。

ショートパンツ

フェスの会場はとにかく暑いですから、ショートパンツがベストです。ジーンズや長ズボンの場合は汗で足に張り付いて不快になることもあります。また会場では地面に座ることもありますから、ミニスカートは避けた方がいいでしょう。またマキシワンピも涼しげですが、実際は裾が長くて邪魔だったり汚れたりとあまりいいことはありません。





スニーカー

フェスの時は足元はスニーカーがベスト。動きやすい履きなれたものがいいですよ。ヒールなどは周りの人の足を踏んだりする恐れもあり、また動きにくいので避けましょう。ビーチサンダルも最初は避けた方がいいでしょう。







また、明らかに天候が悪い(雨)という場合は長靴もありです。今はおしゃれなレインブーツもありますからね。スニーカーが雨と泥でぐちゃぐちゃになって、それで長時間過ごすのは女子としてはつらいですよね。





防寒具・雨具

昼間楽しくて過ごしていても、夜になると気温が下がったり、汗が冷えたりと時間の経過とともに状況が変わります。そんな時に羽織れるパーカーなどを1枚もっておくといいですよね。

スポンサードリンク






また突然の雨風などの時にも防水加工のウィンドブレーカー(ナイロンパーカー)やポンチョがあるといざという時に役に立ちます。畳んでしまえばそれ程かさばらないので持っておいた方がいいでしょう。






小さめのバッグ

荷物は極力最小限におさえておきましょう。必要なものは肌身離さず持ち歩けるのがいいですが、大きなバッグは邪魔になるだけです。周りの迷惑にもなる可能性もありますので、極力持っていくものは必要なものに限定します。小さめのウェストバッグやショルダーバッグなど邪魔にならず両手が使えるのがベストです。









夏フェスを楽しむ女子の持ち物は?

持ち物もチェックしてみましょう。

チケット

忘れることはないと思いますが、一応書いておきます。

現金

飲み物を買いたくてもお札しかないというのは不便です。ある程度の小銭は用意しておきましょう。会場には大勢の人がいますから、財布は必ず携帯しておきたいですよね。そうなるといつもの長財布ではなく、ポケットにすっぽりと収まる財布の方が飛んだり跳ねたりしても落とす心配がないので安心ですね。

携帯電話(スマホ)

当然もっていくと思いますが、人も多く混雑した会場では友人とはぐれることも考えられます。フル充電してから出発したいですね。

ミネラルウォーター(飲み物)

ただでさえ暑いのに、夢中になると喉がかわきます。熱中症にならないためにも適度な水分補給は必要ですね。

タオル

汗もかきますからタオルは必須です。首に巻いたり頭にかけたり使い方はいろいろ。念のため2つぐらいあるといいですね。

日焼け止め

炎天下なら日焼けして当然です。顔や首、肩や腕や足と定期的に日焼け止めを塗っておいた方が安心です。

虫よけスプレー

野外フェスなら虫さされにも用心した方がいいですね。虫よけスプレーや刺されたときのための薬も準備しておきましょう。

急に体調が悪くなった時(頭痛、腹痛など)、またちょっとした怪我のために、薬は持っておいた方がいいでしょう。

ウェットティッシュ

通常のティッシュはもちろんですが、ウェットティッシュがあると食事の時などにかなり重宝します。携帯用のウェットティッシュは持っておいた方がいいでしょう。

懐中電灯

暗くなるとバッグから何か取り出すという場合に困りますよね。暗くて見えない!そんな時、懐中電灯があれば困りません。

ゴミ袋

長時間いれば水も飲むし、何か食べますから必ずゴミがでます。会場は基本ゴミは各自で持ち帰りますから、ゴミを入れるビニールの袋は数枚持っておいた方がいいですね。

軽食

朝起きて暑くて食欲がないまま急いで出発して、会場の炎天下の中で空腹になると動けないこともあります。そんな時ちょっと口に入れられるものがあるといいですよね。暑いので腐りやすいものは避けた方がいいでしょう。例えばウイダーinゼリーやカロリーメイトなどは手頃でコンビニでも買えますからいいですよね。

最後に

夏フェスの準備は万全でしょうか。

今年の夏は一度きり、夏の思い出つくりに仲のいい友人と思いっきり楽しみましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ